こだわりを持って手間暇と愛情を込めて作り上げる食のネットワーク。
「比内地鶏」「和食」「日本酒」。私たち日本人が世界に誇ることができるお料理、食文化を発信していきたいと考えています。

比内地鶏

しらいで提供する比内地鶏は、秋田大館で徹底した安全管理のもとに飼育・加工された最高の比内地鶏です。
150日間以上平飼いされた肉質は身がしまって弾力があり脂身の極上なうまみを味わうことができます。
この比内地鶏の持つ品質を最適な調理法でお客様にご提供いたします。

<比内地鶏>
比内鶏は古くから秋田県の北部、比内地方で飼育されてきたので、この名前がついたと言われています。性質は活発で枝から枝へ飛び回ったり、長い距離を飛ぶこともあります。多くの日本鶏のなかにあって、比内鶏は特別な形態というわけでも、特徴ある歴史を綴ってきたという訳でもありません。しかし、その鶏肉がことさら美味であったため、鹿児島の薩摩鶏や愛知の名古屋コーチンと並ぶ日本三大美味鶏のひとつとして天下にその名を知らしめるようになりました。

比内鶏は純粋な日本地鶏でもあり、学術的にも価値が高いことから、昭和17年に国の天然記念物に指定されました。(おかげで、自由に食べることができなくなりました。)

また、比内鶏は普通の鶏に比べて身体が小さく、食用にはあまり向いていなかったことから、昭和48年に秋田県産畜産試験場が比内鶏の雄とアメリカ原産のロードアイランドレッドの雌とをかけ合わせて一代雑種を生産し、これに「比内地鶏」という名前をつけ、現在市場に流通させているのです。生産されている鶏はほぼ100%が雌です。これは、雌の方が雄に比べて肉の味の良い期間が長いためで、ひなの状態で雌だけを選別して導入するようにしています。

昭和62年には比内町比内地鶏生産部会が発足し、飼育に当たっては、比内地鶏本来の肉質を得るため、飼料、飼育方法、および飼育期間に統一した基準を定め、昔ながらの『放し飼い』で育てるという一番手間のかかる方法で日本一の比内地鶏の生産に取組んでいます。
*放し飼いを主としておりましたが、鳥インフルエンザ対策の為、現在は鶏舎内での平飼い(放し飼いのように鶏が自由に動き回れる環境)が主となっております。

(秋田比内や様ホームページより転載)

和食

「和食」
私たち日本人が世界に誇る食文化。
地産地消を中心にその地域の旬の素材を最も美味しい調理方法で提供したい。私たちなりの表現で和食をご提供させていただきます。

日本酒

「日本酒」
世界に発信を続ける日本酒。
日本に数多くある酒蔵の中から酒を醸す蔵人たちにほれこみ私たちなりに交流を深めている本当に美味しい酒をご提供させていただきます。
(写真:岩手県二戸 南部美人 杜氏 松森様)